寡黙なニコルと人間失格

作品番号 1573846
最終更新 2019/09/15

寡黙なニコルと人間失格
ヒューマンドラマ

29ページ

総文字数/21,074

 

無気力・自堕落・不感症。通称人間失格のフリーター、伊野雄介。
その彼の前に突如として現れた金髪少女・通称ニコル。
そんな彼女と彼、そして伊野の保護役で弁護士の渥美・その2人の後輩の曰比谷を交えた無気力系ストーリー。


▼主要人物
伊野雄介:いのゆうすけ
…通称・人間失格。無気力自堕落フリーター。酒、煙草、パチンコに明け暮れるが何故か人を引き寄せる。基本のデフォが無表情。26歳。黒のボサボサ頭に黒縁眼鏡。もやし。

ニコル:にこる
…どこからか逃げて来たハーフの少女。金髪碧眼、日本語が拙く、寡黙。

渥美功太郎:あつみこうたろう
…世紀の弁護士。長駆。老人にモテるタイプ。数多の裁判で勝訴を連続させる腕前だが、相談料だけで諭吉6人を発生させるほどのぼったくり具合。伊野の同級生にして、保護者。

曰比谷:ひびや
…伊野、渥美の後輩。24歳。茶髪でふわ毛、典型的な今時の若者。若者用語を要約する事もしばしば。イケメンだが毒舌。ブス専のためニコルを見るたびえずいている。営業マン。

▼アパートの住民
櫨山さん:はぜやまさん
…伊野のアパートの管理人。ハゲている。

八鳥純:はっとりじゅん
…伊野のアパートの隣人。浪人生。優秀な年子の弟(幹:もとき)がいる。

▼警察
小松:こまつ
…駐在所の年配警察官。伊野の親代わり。

江見:えみ
…ポーカーフェイスな駐在員。23歳。警察手帳が基本手元にない。


あらすじ
人間失格こと伊野雄介と、ハーフの美少女通称ニコルを主軸に交えたゆるゆるハートフルヒューマンドラマ。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop