深川あやかし綺譚 粋と人情とときどきコロッケ

作品番号 1560281
最終更新 2019/06/07

深川あやかし綺譚 粋と人情とときどきコロッケ
ヒューマンドラマ

21ページ

総文字数/53,527

ランクイン履歴:総合29位 (2019/05/31)

東京下町はあやかしにも情が厚いのです!
あらすじ
妻に失踪された男、氷川 衛は一人娘の瑞葉とともに義母のミユキと東京の下町、深川で同居をはじめる。
ミユキの経営する総菜屋はまったく流行っていないが、実は人外のあやかしの問題解決をするよろず屋をして生計を立てていた。
衛は総菜屋をやりながら、よろず屋稼業の手伝いもさせられる羽目に。
衛と瑞葉から見た、下町深川の風景とおかしなお客の数々。そして妻穂乃香の行方は……。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop