月夜に姫は

作品番号 1712201
最終更新 2023/12/17

月夜に姫は
後宮ファンタジー

11ページ

総文字数/ 8,539

ランクイン履歴:

後宮ファンタジー:13位(2023/12/14)

古典、竹取物語
かぐや姫が、月へ帰る場面「天の羽衣」の段、超解釈。

月へ帰りたくないと、涙する姫を救おうと、帝は手を尽くす。
密かに交わしあった手紙に後押しされて──。

帝と姫の、淡い想いの行方は……、はたして?
あらすじ
竹取り物語、超解釈 
月へ帰る姫と帝の淡い恋の行方は?

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:5

この作品をシェア

pagetop