彩氷の異端審問官《インクイジター》

作品番号 1677335
最終更新 2022/09/01

彩氷の異端審問官《インクイジター》
MaiKa/著
現代ファンタジー

9ページ

総文字数/ 31,478

ランクイン履歴:

現代ファンタジー:5位(2022/09/08)

ファンタジー:29位(2022/09/08)

俺、あんま好きくないんだよ。魔術師とか、そういう言葉。







表紙イラストはご厚意で頂いたものです。


無断使用・転載はご遠慮ください。
あらすじ
生命を狙われた上村一季はひとりの魔術師と出会う。
東堂嵐士。氷を操る魔術師で異端審問官とも呼ばれている。
彼の説明では、最近世間を騒がせている『眠り姫』事件の犯人を追っているという。
さらには事件の発端には【永久機関】という魔術アイテムが関係していて――――?

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop