DOTING WAR~パパと彼との溺愛戦争~

作品番号 1672441
最終更新 2022/08/07

DOTING WAR~パパと彼との溺愛戦争~
異世界ファンタジー

29ページ

総文字数/ 73,066

 国王である父:青龍ローゼン、母:アジサイ(妖狐の一族・故人)から産まれた一人娘・エヴリンは亡き母の忘れ形見と言うことで父から大変溺愛されて育った。
 しかし、それに驕ることなく素直にのびのびと母譲りの美貌に育ったエヴリン姫も既に十七歳となり、婿候補が必要なお年頃。
 一般の人間と違うため、寿命も長いし一定の時期で成長は止まる。それが大体女性は二十五歳、男性は三十歳。
 だが若いままでいられるのも良いことばかりではなく、体の成長が止まるため女性は子供を産めない。極端に体の老化が遅くなるため、お腹の子供も成長しないため授からなくなるのだ。そのため十八歳までには相手を決めて結婚・出産というのが通常の流れではあるが、何しろ溺愛で名高いローゼンである。ちょっとでも気に入らないと難癖をつけてすぐに縁談を断ってしまう。
 だがエヴリンには幼馴染みの吸血鬼の一族であるグレンにずっと片思いをしていた。彼が婚姻を申し込んでくれたら嬉しいのに……と思っていたが、グレンが実際に申し込みに来た際にちょっとした会話のトラブルが起きて青龍王が機嫌を損ね、グレンの縁談を突っぱねてしまった。
 ……これは自分の手で何とかせねばならない。
 私はグレンとの結婚に向かって突き進むわ!
 と諦めないグレンとエヴリンⅤS父との戦いが切って落とされるのであった──という展開のラブコメでございます。
あらすじ
娘溺愛の国王父ローゼンと、実は盲目的な愛情を彼女に抱いているエヴリンの思い人グレン。
エヴリン姫は彼との結婚に向かって突き進みたい!
諦めないヒロイン、エヴリン&グレンⅤS父ローゼンとの戦いが切って落とされるのであった──という展開のラブコメでございます。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop