どこまでも青い海は、あの日のきみと繋がっていた。

作品番号 1648639
最終更新 2021/10/05

どこまでも青い海は、あの日のきみと繋がっていた。
恋愛・青春

132ページ

総文字数/ 128,116

ランクイン履歴:総合2位 (2021/10/11)



どんなに過去を変えたくても、
どんなに後悔していても、

時を戻すことはできない。
失った時間は戻らない。


それなら〝今〟を生きるしかない。


生きて生きて、
今日もいい日だった。

そう思えるように、一歩ずつ前へ。

あらすじ
母親の病気に気づくことができなくて好きな野球を辞めてから自分の幸せも手放して日々を無駄に過ごしてきた主人公、高槻幹太(たかつきかんた)。高校一年の夏休み、病院を転院することになり海が見える田舎町へやって来た。そこで出会った黒髪で可愛い女の子、朝日栞里(あさひしおり)に一目惚れしてしまう。彼女と過ごすようになって少しずつ自分が変わっていることに気づく。そして自分は幸せになりたいと思い、動き出すが……

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:100

この作品をシェア

pagetop