夏の終わりを、私に教えて。

作品番号 1642711
最終更新 2021/07/22

夏の終わりを、私に教えて。
恋愛・青春

162ページ

総文字数/ 127,874

ランクイン履歴:総合34位 (2021/07/31)

あらすじ
「私はね、ずっと夏が嫌いなんだよ」
そう告げた彼女は、その年の夏に俺の前から消えてしまった。
主人公の白石慎太郎は、たった一人の先輩だった彼女を忘れることができないまま、地元を離れて自堕落な大学生活を送っていた。
だが、夏休みで帰省していた慎太郎は、ある朝、目が覚めると自分が高校2年生の頃に戻っていることに気が付く。
そして、慎太郎は失ってしまったはずの先輩との、二度目の夏を過ごすことになる。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:2

この作品をシェア

pagetop