あの星が降る丘で、君とまた出会いたい。【新・あの花続編】

青春・恋愛

汐見 夏衛/著
あの星が降る丘で、君とまた出会いたい。【新・あの花続編】
書籍化作品
作品番号
1617017
最終更新
2020/12/07
総文字数
81,161
ページ数
74ページ
ステータス
完結
いいね数
5,281
ランクイン履歴

総合1位(2020/11/12)

ランクイン履歴

総合1位(2020/11/12)

『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら』続編・新版



君と出会った瞬間に
どうしようもないくらい目を奪われた

君を知れば知るほど
どうしようもないくらい心を奪われた

こんなにも君に惹かれてしまうのは
どうしてなんだろう

なぜだか
ずっと前から知っていたような気がする

君の澄んだ瞳を
そのまっすぐな心を
花開くような笑顔を



野いちご『あの夏の光の中で、君とまた出会えたから』からこちらへ加筆・移転しました。
あらすじ
中学二年生の宮原涼は、転校先の学校で不思議な女の子・加納百合と出会う。

初めて会ったはずなのに、なぜか懐かしく、とても心惹かれた。

そして親しくなるにつれて、優しくてまっすぐで純粋な彼女にどんどん惹かれていった。

でも、勇気を出して告白しようとしたとき、百合が驚くべき過去を打ち明けてくれて――

涼は彼女の過去を受け入れることができるのか?

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:BLOODさん
ネタバレ
泣く
レビューを見る

2024/01/13 20:36
★★★★★
投稿者:さん
ネタバレ
あの星が降る丘で、君とまた出会いたい。
レビューを見る

2022/08/27 00:49

この作品の感想ノート

中学生のときに「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」に出会いました。そして、大学生になった現在上記の本の映画と共に、偶然続編もあることを知りこちらの書籍を拝見いたしました。涼や百合のクラスメイトと一緒で中学生の当時、そして今の私にとっても戦争というものは身近に感じるものではなく、どこか他人事のようなものに思えていました。しかし、書籍や映画を通して特攻隊や戦争の歴史への関心を再び持つようになりました。知るにはあまりにも残酷で目を背けたくなるような事実もあるけれど、今この世界で生きている者として過去に行われた戦争のこと、そして今も尚行われている戦争に対して決して無知であってはいけないと思いました。

さぁさん
2024/06/09 01:10

あの花が咲く丘で君とまた出会えたらを、映画で鑑賞し小説でも読ませていただきました。今の日常が幸せそのものなのだなと感じました。本当に涙が止まりませんでした。
その後、今回のあの花が咲く丘で君とまた出会いたい。を読ませていただきました。彰の生まれ変わりの涼の気持ちが複雑だなとはじめ思いました。しかし大学生になって再会した百合と涼の気持ちが通じ合い、ほんとに良かったなと思います!今回もボロボロ泣きました。

いっちさん
2024/02/06 15:06

「あの花が咲く丘の下で、君とまた出会えたら」の続編があることを知ってすぐ読みました。
この続編もまた、涙なしでは読めなかった作品でした。

原作で戦争を経験した百合の心の変化が描かれていて、すぐにストーリーにのめり込みました。

彰の生まれ変わりの涼と
彰への恋心を忘れることができない百合。
中学時代の2人は何だか切なくて、胸が締め付けられました。

でも、最後は彰の想いを引き継いだ涼と百合が結ばれて、本当に良かったです。
彰も空から喜んでいることを想像すると、また涙が出てしまいます。

百合の「一緒にいられるだけでいい」という言葉は、戦争を見たからこその深い重みがありました。

この作品も、映画館で続編として観たいですね。。。

2024/01/14 14:22

この作品のひとこと感想

すべての感想数:11,119

汐見 夏衛さんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop