窈寵のアモル

作品番号 1605190
最終更新 2020/06/27

窈寵のアモル
ヒューマンドラマ

10ページ

総文字数/ 29,532

ランクイン履歴:総合23位 (2020/06/20)

いつからこの毎日を繰り返しのように感じて、それが心地良いことに気が付いたのだろう。

小さな僕が、絵本を繰り返し読んでいる。
大人になった僕は、今その絵本を描こうとしている。
誰かがまた繰り返し、擦り切れるほど読んでくれるように。

頭の中の世界は、僕だけの世界だ。
世界が色づいていくのを楽しむ。その時間が僕にとってどれだけ幸せで、切ないことか。
想像し、空想するということが、どれだけ不思議で特別なことなのか。

そうして細部に至るまで仕上げた時、僕だけの世界はループする。
一つの終わりを迎えた世界は、また新たに始まったかのように表紙へ戻るのだ。

僕はいつだってそれを、永遠の象徴かのように思う。


だからこそ僕は、絵本を描き続ける。
これまでは永遠であり、そして今という未来さえ、

永劫続きますようにと。


この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop