防風林の松

作品番号 1598040
最終更新 2020/04/18

防風林の松
恋愛・青春

38ページ

総文字数/ 138,751

成績劣等生から抜け出して技術者になった作者が、同様の経歴をもつ青年を主人公にして、このような恋愛小説を書きました。この小説に続いて創作した作品が、特攻隊員を主人公とする「造花の香り」です。
あらすじ
仕事と恋と友情に恵まれ、充実した日々を送っていた滋郎は、新たに出会った同僚の妹に惹かれるままに、心の迷路に迷い込んでゆく。滋郎は仕事に情熱を燃やしながらも、上司に対して反発心を募らせる。そのような滋郎が自らの未熟さを思い知らされ、重い決断を迫られるときが訪れる。新たな道を歩んだ滋郎の現在の姿と、かつての恋人との関わりが、プロローグとエピローグに描かれている。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop