どこまでも続く青空の下、君とふたり手を繋いで

作品番号 1569273
最終更新 2019/08/07

どこまでも続く青空の下、君とふたり手を繋いで
恋愛・青春

11ページ

総文字数/ 84,968

ランクイン履歴:総合6位 (2019/08/13)

受験に失敗し、市外の高校へと通う梓(あずさ)は
高校に通うひとりきりの電車の中で青空(せいあ)と出会う

気が付けば一人きりだった通学時間は彼と過ごす時間へと変わっていった。
けれど、ある日突然幸せな時間は終わりを告げる――。
あらすじ
受験に失敗し、市外の高校へと通う梓は高校に通う電車の中で青空と出会う

気が付けば一人きりだった通学時間は彼と過ごす時間へと変わっていった。
けれど、ある日突然幸せな時間は終わりを告げる。
青空が電車に乗ってこないのだ。
そして、そんな日々が続いたある日、いつもの電車の席で一通の封筒を拾う。
そこには、青空が入院中であることが書かれていて……。

これは悲しくて温かくて切なくて幸せな恋物語。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop