【書籍化決定】龍の贄嫁〜虐げられた少女は運命の番として愛される〜

あやかし・和風ファンタジー

碧水雪乃/著
【書籍化決定】龍の贄嫁〜虐げられた少女は運命の番として愛される〜
作品番号
1689739
最終更新
2024/01/10
総文字数
136,367
ページ数
6ページ
ステータス
完結
いいね数
711
ランクイン履歴

総合1位(2023/07/25)

あやかし・和風ファンタジー1位(2023/07/25)

ランクイン履歴

総合1位(2023/07/25)

あやかし・和風ファンタジー1位(2023/07/25)

神世と呼ばれる場所に、十二の神々とその眷属が暮らす現代日本。
特別な異能と美貌を持ち崇められる神々は、穢れの多い現世で堕ち神とならないよう、ひとりの〝巫女〟を選ぶ。
巫女は末永く神に仕え、神の絶大なる庇護のもとで過ごすことになる。
もしも巫女が神の〝番〟であったならば、極上の溺愛に包まれ、誰よりも幸福な未来が待っているだろう――。

 ◇◇◇

名家に生まれながらも「無能な名無し」と呼ばれ虐げられて育った鈴(すず)は、美人で才能がある異母妹の〝使用人〟として巫女見習いが集う女学院に通っていた。
しかし巫女選定の儀で、『氷の貴公子』と名高い恐ろしいほどの美貌を持つ龍神の青年・竜胆(りんどう)に選ばれたのは、巫女見習いでもない鈴だった。
なんと鈴の持つ霊力はすべて異母妹に搾取されていたのだ。
しかも、竜胆にとって鈴は唯一となる最愛の番でもあるらしく……?

「今日から君は俺のものだ。嫌だというのなら、今すぐ君を攫って閉じ込める。神の独占欲をなめないでくれ」

冷酷無慈悲で人嫌いという噂の竜胆の深い独占欲と溺愛に、鈴は翻弄されていき――!?

これは不遇な人生を歩む少女が現代で神の番様(つがいさま)に選ばれ、奪われていた大切なものを取り戻し、たくさんの幸せを掴む和風シンデレラストーリー。


2023.09.01完結

■お知らせ■
このたび『龍の贄嫁』の書籍化が決定いたしました!
これもひとえに、連載中からたくさん応援してくださった読者の皆様のおかげです。本当にありがとうございます。
続編を含め、これからも『龍の贄嫁』を楽しんでいただけましたら幸いです。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

婚約の儀のシーンのみ再読して、ふと疑問が浮かびました。それは、鈴と竜胆との正式な婚約の儀の記述があっけなく、鈴のお召し物の記述が一切触れらえていない点です。
もし、次回作に婚約の儀の回想シーンとか、婚約の儀に鈴を着飾れた振袖が、鈴の部屋の装飾品の一部として描かれていて欲しいのですが。

2023/10/08 08:17

続編を執筆されるとのこと、大変喜ばしく思います。しかも先般の感想で熱望した、学園編、心待ちしております。先生から戴いたコメントに、竜胆の同級生との絡みや、場合によっては夏宮旭との再会シーンの実現を今から楽しみにしております。
先般の感想でも述べましたが、主人公である人間の女性と人ならざる男性の夫婦(婚約者)が同じ学校に通う物語を読んだことがない(鬼の花嫁では、主人公の親友や実妹が彼氏と同学年)ので、鈴と竜胆との甘々の描写を特に期待致します。
所で、鈴と竜胆は同学年でしょうか。

2023/09/17 08:44

読み終えても、もし、他の作品の様であったらと思える場面に対する碧水先生のご意見を伺いたく一筆致します。
それは最後の鈴を蔑ろにして、日菜子が鈴にとって代わり、式場に向かう春宮家の面々への制裁に、鈴を立ち会わせなかったことです。その後、鈴の心根の優しさから、日菜子らの行く末を鈴に知らせないとの記載はありますが、夏宮旭の登場による鈴との再会があってもと思えてなりません。また、鈴を鏡から救う相手が、加護の竜胆ではなく、竜胆本人であった方がとも思えます。散々鈴を虐めておいてなお、鈴の婚約者である竜胆を我が物にしようとする日菜子を、目の前で捕縛される様は、例え鈴でも痛快に感じるでしょうに。
先生のご意見を賜りたく存じます。

2023/09/14 20:33

この作品のひとこと感想

すべての感想数:398

碧水雪乃さんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop