鵺の花贄

あやかし・和風ファンタジー

結木あい/著
鵺の花贄
作品番号
1672121
最終更新
2023/03/10
総文字数
126,978
ページ数
28ページ
ステータス
完結
いいね数
97
ランクイン履歴

総合9位(2022/09/22)

あやかし・和風ファンタジー4位(2022/09/24)

ランクイン履歴

総合9位(2022/09/22)

あやかし・和風ファンタジー4位(2022/09/24)

レビュー、感想などいつも本当にありがとうございます。
世界観はそのままに、本作を大きく改稿した作品が2023年3月28日に書籍化決定いたしました…!
※こちらは改稿前のものとなりますので、あらかじめご了承いただけますと幸いです。
あらすじ
まだ、妖の世と人の世の境界があいまいだった頃。
妖の頭領にかかった呪いを解くために贄として選ばれた少女は、狂おしいほどの愛を知っていく。
生き残るためにはどうしたらいいか。
妖しくきらびやかな異世界を舞台に、少女が目にするものとは――。

この作品のレビュー

★★★★
投稿者:珠猫さん
もったいない
続きを見る

世界観、キャラクターなどはとてもよく、全体的なストーリーも面白かったがやや伏線が回収しきれてないのと終わりももう少し引っ張ってもよかったのではと。 読み終わったあとにちょっとした疑問がのこった点が少しもったいないと思う。

2023/03/05 20:01
★★★★★
美しいタイトルに心惹かれます
続きを見る

まず『花贄』という美しい言葉は何なのか?と思い読み始めると、昏く煌びやかな世界に主人公と共に誘われます。様々な思惑の中で展開されるミステリと言えるストーリーは、スクロールする手が止まりません。 あと、どんな物語でも猫ちゃんは癒しなのだなとも思いました。

2022/09/04 09:02

この作品の感想ノート

ダークな雰囲気の異世界に主人公と共に誘われ、一体何が待ち受けるのかと、主人公と心を一体にしながら読んでいる気分でした。昏く煌びやかな世界の中で繰り広げられるミステリーめいたストーリー、全ての謎が解け大団円となり、世界が明るくなったように見えます。あと『扉』となる存在ですが、ギリシア神話に登場するグライアイのようだなと思いました。

2022/09/04 08:59

この作品のひとこと感想

すべての感想数:147

結木あいさんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop