極楽往生

作品番号 1668112
最終更新 2022/05/16

極楽往生
歴史・時代

4ページ

総文字数/ 10,801

あたしはどうしても乗り越えられない何かを、風のように乗り越えてみたかっただけなのかもしれない。
あらすじ
水飲み百姓の娘、多津は、村名主の家の奉公人として勤め始める。同じ奉公人の又吉やお富、八代と日々を過ごすうち……。あの日の晩に、なぜ自分が泣いていたのか。あの時になぜあたしはついていったのか。その全てが今ここに答えとしてある。

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop