それは群青の空だった

ヒューマンドラマ

橘 七都/著
それは群青の空だった
作品番号
1664756
最終更新
2024/04/13
総文字数
31,144
ページ数
31ページ
ステータス
完結
いいね数
1
ランクイン履歴

ヒューマンドラマ13位(2022/04/10)

ランクイン履歴

ヒューマンドラマ13位(2022/04/10)

「あなたがいたから、今日も私は生きているんだよ」
 その日見上げた空の色を、私は一生忘れない。



*2022.4.5 :完結。
*2022.4.13 :全体的に加筆修正。最終話変更しました。
あらすじ
「私の生きる意味、存在理由――あなたは私のすべてだ」――ある理由で保健室登校している日和の唯一の心の支えは、顔も知らない、性別もわからない謎のアーティスト・アズ。人間不信で内気な日和にとって、アズの楽曲は背中を押してくれ、いつしか自分が生きる理由になっていた。しかし、アズが死亡したというニュースが流れてきて…?

目次

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:2

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop