僕の声が届かなくても

作品番号 1591823
最終更新 2020/02/28

僕の声が届かなくても
恋愛・青春

9ページ

総文字数/ 18,802

ランクイン履歴:総合20位 (2020/03/03)

 今日という日は二度と来ない。
 明日でいいやと投げて後々後悔する結果なら、昨日を、今日を、数時間前を、一分一秒を大切に楽しく生きた方が絶対いいじゃん。
 僕の人生にとって一番大切で、特別な日は今日しかない。

 ――そんな僕と、僕の相棒の最後の遊び。
あらすじ
高校一年生・雪路の目の前に現れたのは、遠くへ引っ越した幼馴染み・天馬だった。三年ぶりの再会に動揺を隠せない雪路に、天馬は「キーホルダーの持ち主を一緒に探そう」と誘われ、言われるがままに彼とキーホルダーの持ち主である『しーちゃん』を探すことに。今日という日を後悔したくない天馬の「特別な日」とは?天馬が現れた本当の理由は一体?最高で最後の相棒との、我儘を叶える話。

目次

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop