春を繋ぐ

作品番号 1581274
最終更新 2019/11/25

春を繋ぐ
恋愛・青春

14ページ

総文字数/16,191

ランクイン履歴:総合52位 (2019/11/29)

キャラクター短編コンテスト
【あやかし×恋愛】応募作品

穏やかだけど少し寂しい日々を過ごすおばあちゃん、春野 小桜(はるの こざくら)
秋のある日に狸のような生き物を助けたためだろうか、季節外れの桜の花びらにさらわれて夢か現かの世界へ迷い込む。
見覚えのある懐かしい場所。おまけに小桜は十七、十八頃の娘の姿になっていた。
そこで出逢ったのは、とても懐かしい『あのひと』で……。

完結しました。
あらすじ
夫に先立たれ、一人暮らしの春野 小桜(はるの こざくら)はもう立派なおばあちゃん。少しの寂しさを抱えつつも、近所に住む娘や孫の顔を見るのを楽しみに過ごしている。
あるとき小桜はボロボロの狸のような生き物に出会う。弱っている様子の狸にご飯をご馳走する小桜。
その数日後、庭の柿の様子を見に縁側に出ると、木には柿の実をもてあそぶ見知らぬ少年が腰かけていた……。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop