プロフィール

騎月孝弘
【会員番号】1094460
2017年11月『きみと見つめる、はじまりの景色』でエブリスタ×スターツ出版文庫賞部門賞受賞、2018年4月同作でスターツ出版文庫よりデビュー。『太陽と月の図書室』で、第11回天竜文学賞受賞。ほか、既刊に『彩堂かすみの謎解きフィルム』。現在は、新作『初恋前夜』を改稿中。趣味は映画鑑賞と総合格闘技観戦。静岡県在住。

レビューリスト

切なさと希望の物語
続きを見る

秘めざるをえない、それぞれの思い。ごく短い短編のなかで、戦時中の恋がとても瑞々しく描かれていました。リズムがあってきれいな文章と等身大のセリフが、この物語をキラキラと輝かせてくれます。ラストシーンが印象的で、秀逸でした。

2021/01/06 11:22
恋愛・青春 1ページ ・総文字数6,045
ネタバレ
切なくも愛おしい物語
レビューを見る

2020/12/12 16:47
恋愛・青春 22ページ ・総文字数7,571
霞んで見えない、その先、にあるものとは?
続きを見る

どうしよう。迷子なのに、迷子を拾ってしまった。 戸惑う主人公からこのフレーズがでて、すごくほっこりしました。不思議な世界に迷い込んだ女の子が、思い出の断片に触れながら前を向いていくお話に、短編映画を観ているような感覚。表現がうまいなと思いました。予想されたラストとは違った物語の閉じ方もすてきです。

2020/11/28 12:11
ヒューマンドラマ 3ページ ・総文字数10,501
ネタバレ
気になる結末
レビューを見る

2020/11/11 15:17
恋愛・青春 8ページ ・総文字数12,190
なんか、すごく、すてきな世界
続きを見る

僕の気になる彼女は、なんでいつもビニール傘をさしてるんだろう? そんな些細な疑問を軸に展開していくふたりのお話。彼女――井原さんの聡明でいて愛嬌のある性格と言動がとってもいい! 主人公のドキドキ感が手に取るように伝わってきました。描写も世界観もきれいで、本編にもあるように、心が洗われました。

2020/10/11 01:35
恋愛・青春 32ページ ・総文字数16,251
pagetop