朝ヘ走レ

作品番号 1632272
最終更新 2021/03/14

朝ヘ走レ
恋愛・青春

4ページ

総文字数/ 7,271

ランクイン履歴:総合50位 (2021/03/19)

マスクを外すにもオトナの許可がいる、マスクが「ふつう」になった世界。

「外せるとこまで、行ってみようよ」

強引な少女に誘われて、少年も走りだした。
息苦しい今を駆けぬけて、どこかへ。
あらすじ
マスクをするのが「ふつう」になった世界。

息苦しい今を駆けぬけて、どこかへ。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:騎月孝弘さん
極上のさわやかさ
続きを見る

ここ一年の間に初めて出会った人は、一緒に食事でもしない限り、みんなマスクの下の顔を知りません。 コロナによる今の状況、いったいいつまで続くんだろう。そんな不安と、鬱屈とした思いと、また早く素顔で笑いあい、語り合える日が来てほしいっていう願い。近未来SFのテイストに、きらめく青春のコラボ。なんとも絶妙な組み合わせ。 短編映画のような、鮮明にその風景を思い描くことのできる素晴らしい物語でした。

2021/03/14 04:11

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:12

この作品をシェア

pagetop