贄の花嫁の幸せな嫁入り〜八日後に永久なる愛の契りを〜

あやかし・和風ファンタジー

朱宮あめ/著
贄の花嫁の幸せな嫁入り〜八日後に永久なる愛の契りを〜
作品番号
1726051
最終更新
2024/06/16
総文字数
24,502
ページ数
13ページ
ステータス
完結
いいね数
14
ランクイン履歴

総合15位(2024/06/27)

あやかし・和風ファンタジー3位(2024/06/25)

ランクイン履歴

総合15位(2024/06/27)

あやかし・和風ファンタジー3位(2024/06/25)

あやかしの血が混じる混血の一族である秋月家に生まれた橘花は、あやかしの能力を引き継いで生まれた双子の姉、玲花と違い、その身に猛毒を宿していた。

触れた者をたちまち死に追いやる恐ろしい力を持った橘花は、一族の恥だと蔵の座敷牢に幽閉され、孤独な日々を過ごしていた。

しかしある日、父親から名家である笠屋敷家に嫁ぐことを命じられる。
笠屋敷家は代々、蛇神に贄を差し出すことで一族を発展させてきた純血の一族。
そのため嫡男の花嫁は、一族の業をすべて背負い、嫁いだ七日後に死ぬ呪いがかけられているのだという。

しかし、嫁入り当日、花婿である白玖は言った。
「俺が必ずお前を助ける。八日後、またこうして話そう」

贄の花嫁に待っていたのは、死ではなく溺愛。しかし七日目が近づくにつれ、橘花は呪いに蝕まれていく……。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:4

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop