雨の神は名づけの巫女を恋ひ求める

作品番号 1679948
最終更新 2023/01/18

雨の神は名づけの巫女を恋ひ求める
あやかし・和風ファンタジー

75ページ

総文字数/ 94,767

ランクイン履歴:

総合:23位(2023/01/28)

あやかし・和風ファンタジー:7位(2023/01/28)

明治時代。
西洋文化が流入した日本では、古来からの神への畏怖が薄れていた。
しかしこの国には昔から、神の声を聴くとされる家系が古くから伝わっていた。
その家系に生まれた新菜は、実母を亡くした後、家族から冷遇されてきた。
ある日新菜は、この三年の少雨の解消の為に、贄として湖に沈むよう言い渡される。
覚悟を決めて湖に身を賭した新菜を救ったのは、神であると名乗った美しい青年で、しかも新菜に求婚済みだという。

何もわからぬまま、青年と暮らすこととになった新菜。
しかし青年の慈しみに新菜の傷付いてきた心は癒えていき・・・。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:10

この作品をシェア

pagetop