菊花繚乱〜半妖あるじに菊の名を〜

作品番号 1674018
最終更新 2022/08/23

菊花繚乱〜半妖あるじに菊の名を〜
あやかし・和風ファンタジー

97ページ

総文字数/ 114,338

ランクイン履歴:

総合:100位(2022/08/30)

あやかし・和風ファンタジー:45位(2022/08/30)



三つの季節のゆくのを、父と十回見た。


十回目の冬の訪れを共に迎えることは叶わなかった。



艶めいた秋風に、父の声が散った。掌の温度が溶けていった。



父を送って程なくして、旦那さまに出会った。


旦那さまに連れられた先、無数の菊の咲き誇る屋敷で、寒菊さまに出会った。


優しい眼をした、美しいお方だった。



「お名前は」

「あやです」

「いい名だね。どんな字を書くのかな」

「綺羅の綺と」

「そうか」と、寒菊さまは私の頬を撫でた。


触れられて気がついた。


寒菊さまは、人間ではない。


この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop