和算娘玉輿縁胸算用

作品番号 1661336
最終更新 2022/02/28

和算娘玉輿縁胸算用
歴史・時代

32ページ

総文字数/ 31,567

ランクイン履歴:

総合:9位(2022/03/09)

和算娘玉輿縁胸算用(わさんむすめたまのこしゆかりのむなざんよう)

時は江戸、田舎大名の城下町に住む家老の息子小田崎新久郎(おださきしんくろう)は算術が苦手で困っていた。
あるとき、町の神社で算術の得意な『少年』と知り合う。
あまりにも計算が速いもので驚いていたら、実は『娘』で二度びっくりなのであった。

その名は千紗(ちさ)。

算術を通して二人の仲は縮まっていくが、武士と町人の娘という身分の差は乗り越えることができない。

だがしかし、算術の師匠ですら解けない問題に解を見いだす千紗を、新久郎は江戸へ連れて行こうと決心する。

二人の恋の胸算用はいかに


目次

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:1

この作品をシェア

pagetop