海に響くキミの声

作品番号 1655195
最終更新 2022/01/16

海に響くキミの声
恋愛・青春

7ページ

総文字数/ 45,955

ランクイン履歴:総合93位 (2021/12/13)

 明日から夏休みという長期休暇を目前に控えた高校二年生、全員がそわそわと心落ち着かない様子だった。
 私は、両親のいる家に帰る長期休みが、何よりも嫌いだった。両親が共に居る家は、重圧と畏怖に満ちた法廷そのものだったのだ。
 そして私は、そんな自分を、何よりも嫌った。
 周りを見渡せば、周りは才能ばかりだった。そんな他人と比べて、いつだって心が簡単に折れる。きらきら輝いた宝石みたいな強い何かが、私も欲しかった。

 そんな私が気が付けばパッと見るだけで目を引く、浮世離れした様な華のある容姿を持つ同級生、希龍雫玖と何故か一緒に夏休みを過ごすことになる。
 そんな彼の実家は、水に沈んだ水没屋敷だった。
あらすじ
自身にコンプレックスを持つ主人公。そんな彼女が気が付けばパッと見るだけで目を引く、浮世離れした様な華のある容姿を持つ同級生、希龍雫玖と共に、彼の実家である水没屋敷で何故か一緒に夏休みを過ごすことになる話。

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:10

この作品をシェア

pagetop