雷帝の妃、烏の躯

作品番号 1654216
最終更新 2021/11/30

雷帝の妃、烏の躯
恋愛・青春

9ページ

総文字数/ 15,688

ランクイン履歴:総合27位 (2021/12/05)

 烏の躯は、私の愛した彼だった。

 不遇で孤独な日々を送る雷帝の十三番目の妃、氷乃華。
 そんな雷帝の治める国に黒天王の使者としてやってきた不死の黒天狗の青年、令悧。

 氷乃華と令悧は、種族と身分の違いを超えて惹かれ合うが、雷帝と黒天王の激しい怒りを買ってしまい――。

「来世は、かならずともに」

 瑠璃唐草の花畑の上で繰り広げられる、異類悲恋譚。
あらすじ
雷帝(らいてい)の治める翡翠郷(ひすいきょう)。

不遇な日々を送る雷帝の十三番目の妃、氷乃華(ひのか)。
孤独な彼女は、花を育て愛でることだけが慰めだった。

ある日、氷乃華の花畑に、黒天王(こくてんおう)の使いの黒天狗、令悧(れいり)が迷い込んでくる。
愛し合ってはならない定めのふたりは、しかし、強く惹かれ合う。

彼らは逢引きを繰り返すが、雷帝と黒天王の怒りを買ってしまい――。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop