この恋を殺しても、君だけは守りたかった。

青春・恋愛

稲井田そう/著
この恋を殺しても、君だけは守りたかった。
書籍化作品
作品番号
1603068
最終更新
2022/01/30
総文字数
120,752
ページ数
51ページ
ステータス
完結
いいね数
314
ランクイン履歴

総合2位(2020/06/10)

ランクイン履歴

総合2位(2020/06/10)

結ばれることも、一緒に笑う未来も、全部いらない。

君さえ、幸せでいてくれるなら。




※ネット小説大賞八に応募して二次選考落選のストーリー改稿版です。
あらすじ
◆チャラ男子×ぼっち女子◆


萌歌は小学校の時からいじめに遭い学校が嫌いだった。高校では何とか目立たぬよう過ごしていたが、季節はずれの転校生で瞬く間に人気者になった照道に気に入られてしまう。照道をよく思わない萌歌だったが、やがて彼がひた隠しにしていた心の内を知ることになり……

「俺、萌歌のこと、一生好きだから。こんな奴に愛されて、可哀想だよ。萌歌は」

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:618

稲井田そうさんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop