この恋を殺しても、君だけは守りたかった。

作品番号 1603068
最終更新 2020/05/18

この恋を殺しても、君だけは守りたかった。
恋愛・青春

51ページ

総文字数/ 121,332

ランクイン履歴:総合4位 (2020/06/05)







結ばれることも、一緒に笑う未来も、全部いらない。

君さえ、幸せでいてくれるなら。
あらすじ
◆チャラ男子とぼっち女子の純愛ラブストーリー◆


私、樋口萌歌は小学校の時からずっといじめられていた。転校しても全然変わらない。だから高校では何とか目立たぬよう頑張っているけれど、毎日が辛い。

そんな私の前に現れたあいつーー季節はずれの転校生、清水照道は、クラスに打ち解けながらも、ひとりぼっちの私に声をかけてきた。

「俺、萌歌のこと、一生好きだから。こんな奴に愛されて、可哀想だよ。萌歌は」

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

すべての感想数:34

この作品をシェア

pagetop