君はきっとまだ知らない

作品番号 1583490
最終更新 2019/12/13

君はきっとまだ知らない
恋愛・青春

61ページ

総文字数/ 51,413

ランクイン履歴:総合5位 (2019/12/17)

【試し読み版】


君はきっとまだ知らないだけなんだ

君を包んでいる愛と優しさを

君の中に息づく愛と優しさを


君が全ての真実を知ったとき

君に 僕らに

光り輝く金色の雪が降り注ぐだろう


それはきっと

君と僕の絆が起こした奇跡だ




※こちらは2019.12.25発売の単行本の試し読み版です。改稿前の原稿をもとにしており、書籍版とは異なる部分もありますことをご了承ください。
あらすじ
クラスの全員から無視されている光夏。でも、強がりな彼女は誰にも自分の苦しみを打ち明けられない。
そんなある日、ずっと会っていなかった幼馴染の千秋が突然、光夏の前に現れた。
「一緒にサークル活動しない?」
同じく幼馴染の春乃や冬哉も加わり放課後を共に過ごすようになり、彼らとの触れ合いの中で、頑なだった心は解けていった。
しかし、ある違和感を覚えた光夏は、取り返しのつかない秘密に気づいてしまう――

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

すべての感想数:18

この作品をシェア

pagetop