猫のいる街~それは淡い恋だった~

作品番号 1579507
最終更新 2019/11/05

猫のいる街~それは淡い恋だった~
恋愛・青春

60ページ

総文字数/26,280

新しくバイトで入ってきた春宮千草さん。
可愛くて一生懸命で気になる存在だ。

一緒に仕事をするうちに、いつしか春宮さんを好きになっていた。
勢いにまかせて告白したけど、返事はNO。
彼女は言う。

「ずっと土橋くんが好きだった。だけど、私たちは付き合うことはできないんだよ。」

って、意味不明なんだけど。

語られる彼女の秘密に、俺は抗うことができないのだろうか。
あらすじ
土橋のバイト先に新しく入ってきた春宮千草。一生懸命で可愛くて、いつしか気になる存在に。
勢いで告白した土橋だったが見事撃沈。だけど彼女は言う。
ずっと土橋くんが好きだった、と。
明かされる千草の秘密に、土橋は悩む。答えが出たと思ったら、千草は土橋の前から姿を消した。

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop