明日も君の声が聴きたくて

作品番号 1556097
最終更新 2019/08/08

明日も君の声が聴きたくて
恋愛・青春

172ページ

総文字数/ 80,879

ランクイン履歴:総合16位 (2019/06/05)

 
「スマホがない明日が来ればいい!」

そう叫んだ翌日、私の願いは最悪の形で叶えられてしまった。


「俺が今与えられている環境は、俺が努力して勝ち取ったものではない。そんなものはいつ変わるかわからない」

そう語った翌日、俺達の環境は最悪の形で変えられてしまった。


疑心暗鬼の地球を取り囲む、美しい流星群。


16歳の2人が共に願うのは――。


令和元年 5月1日 更新開始



illustration 穂波ここる様
あらすじ
少しだけ未来の北海道で、高1の綺羅(きら)は慎ましく暮らしていた。
スマホを持てない綺羅は、女子の中で浮いた存在になっている。
部活の仲間である優理(ゆうり)に慰められるが
「スマホがない明日が来ればいい!」と八つ当たりしてしまう。
翌朝、綺羅の願いは最悪な形で叶えられてしまい、世界中が大混乱に陥った――。

綺羅と優理の新たな願いが叶う日まで、星は流れ続ける。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop