あしたはきっと、ゆめ日和

作品番号 887603
最終更新 2019/04/18

あしたはきっと、ゆめ日和
ヒューマンドラマ

184ページ

総文字数/145,579

中井くんと仲井さんが入れ替わった。

中井くんは仲井さんとぶつかったことにより
仲井さんは中井くんとぶつかったことにより

繰り返そう
中井くんと仲井さんは入れ替わってしまった。

でも中身はそのまま
あるひとつの気持ちだけが入れ替わった。

これはナカナカに奇妙な
ナカナカにないこと
そんなナカナカコンビの、ただの青春話

さて、この説明でナカは何回言っただろう?
(答えたところで何もない。ナカナカに面倒な少年少女のお話でもある)
あらすじ
――気持ちが入れ替わる、そんな不思議があってもいい。

仲井さんとぶつかったことで、好きな気持ちが入れ替わってしまったぼく。
人格の入れ替わりは聞いたことあれど、気持ちが入れ替わるなんて、そんな話聞いたこともない。
仲井さんはイラストを描くことが好きらしい、そんな好きな気持ちを持ったぼくは、はじめてイラストに興味を持ち始めたんだ。

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:pi-*さん
お付き合いは元に戻るまでの期間限定!

ある日、僕達は入れ替わった。
人格が入れ替わった?
違う違う、好きな物の心が入れ替わったんだ――!



二人のナカイの好きな物が入れ替わったことで、
お付き合いを始める中井くんと仲井さん。

入れ替わりはよく見ますが、
相手の好きな物が入れ替わるという発想は、珍しかったです!

相手の好きな物を通して、夢と向き合ったり、好きな物と向き合ったり。
共感できることがいっぱいありました。

私も頑張っている物や好きな物を否定されたら、好きな物が嫌いになると思います。
一つ一つの問題を乗り越えたり、逃げずぶつかっていく勇気を教えてもらいました。

あと“ナカナカ”カップルが初々しくて可愛かったです(*´▽`*)
つゆのさんには珍しい甘酸っぱい青春でした!

その後の二人のラブラブも、読んでみたいです!

2016/08/17 23:13

この作品のかんたん感想

すべての感想数:6

この作品をシェア

pagetop