龍神様は今日も愛の教えを請う

作品番号 1674487
最終更新 2022/08/09

龍神様は今日も愛の教えを請う
蛙月/著
あやかし・和風ファンタジー

38ページ

総文字数/ 14,566

ランクイン履歴:

総合:25位(2022/08/12)

あやかし・和風ファンタジー:17位(2022/08/12)


鼓水(つづみ)十七歳
 平凡な人間の娘
    ×
透冴(とうご)数千歳
 銀髪青瞳の美麗な龍神

私、鼓水は縁あって龍神様の妻となった。
けれども、聡明博識の透冴様であっても、恋する気持ちというものはご存じなく……。


「実に不思議だ。鼓水とこうして肌を寄せ合っていると、心がとても穏やかになる。これが、恋というものか?」


私に教えを請われる。

とても名誉あるお役目――ですけれども、貴方にずっと恋してきた身としては、それはとても甘くて、くすぐったくて――。



「おまえは本当に罪深い。満ち足りたと思えば、飢えたように求めさせたり、耐えられない空虚に胸を圧し潰したり――私に色々な感情を芽生えさせ過ぎる」

「こんな気持ちを神である私に植え付けた償いは、一生私のそばにいることで贖ってもらうからな」



恋を知らないはずの龍神様。
でもその溺愛はとても甘くて切なくて……。

目次

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:25

この作品をシェア

pagetop