狂骨紅籠

作品番号 1673392
最終更新 2022/07/29

狂骨紅籠
Tempp/著
あやかし・和風ファンタジー

13ページ

総文字数/ 29,028

その髑髏はどこから来て、どこにいくのか。
あらすじ
山菱哲佐は博打にまけて一文無しになり、仲兵衛に酒を奢ってもらっていた。そこで仲兵衛の友人の伊左衛門の枕元に夜な夜な髑髏が現れると聞く。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop