その声が枯れるまで、僕は君を映すと決めた

作品番号 1665350
最終更新 2022/04/10

その声が枯れるまで、僕は君を映すと決めた
恋愛・青春

11ページ

総文字数/ 124,704

ランクイン履歴:総合18位 (2022/05/08)

動画制作を止めていた「僕」と、動画制作をしたい「君」

「私、声帯摘出するんだよね。だからその前に、自分の声を残したくてさ」

これは、彼女が声を失うまでの3ヶ月間の、短くて、忘れられない物語。
あらすじ
北沢有斗は、クラスの季南千鈴から「YourTuberになりたいから手伝ってほしい」と頼まれた。有斗が動画の制作ができることを聞いたらしい。しかし有斗はとあるきっかけで活動を辞め「自分は動画を作る資格はない」と考えていた。

事情を知らない彼女に強くお願いされ、しぶしぶOKする有斗。撮影の時にYourTuberになりたい理由を訊くと、彼女は「声帯摘出するから、その前に自分の声を残したい」と言われ……

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:16

この作品をシェア

pagetop