神はいないと神は言った

作品番号 1643085
最終更新 2021/08/14

神はいないと神は言った
vegele/著
恋愛・青春

96ページ

総文字数/ 57,943

「だからさ、ひよ。これからも、俺の信者になんかならないでね」
あらすじ
『何者かにならなければ生きている意味などない』

そう考えている女子高生・志島陽頼の前に現れたのは、過去に神童と呼ばれた作詞作曲家・千明暁だった。

そして暁は、陽頼に言う。

「君の声を、俺に買わせて」


(ジャンルタグ恋愛ですが恋愛とも言えない内容です💭)

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop