雨の日カフェには猫又がいる

作品番号 1641001
最終更新 2021/06/19

雨の日カフェには猫又がいる
あやかし・和風ファンタジー

10ページ

総文字数/ 14,832

ランクイン履歴:

総合:46位(2021/07/02)

雨の日、わたしの目に普段は見えないたくさんの色が見える。

長い手。長い足。そして何でも持てる長い指。

素敵なこの時間はあっという間に過ぎていく。
そうだ。外も見に行ってみよう。もっとたくさんの色があるはず。

雨粒がいっぱい付いたガラス窓を見上げて、わたしは喉を鳴らす。

足取りも軽くカフェを出ていこうとすると、コウイチロウがわたしを腕に抱き上げて言った。

「雨やんでるよ」
あらすじ
雨の日だけその女の子はカフェに現れる。
クリームソーダが好きで、お絵描きが好き。
助けてくれたお兄さんを探しているんだ。
でもはっきり覚えていなくて……
それに何かを忘れてるみたい……

この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
クリームソーダがおいしそうでした
続きを見る

カフェならではの描写が、音や香りを伴って目の前に広がります。どこかのカフェに行ってクリームソーダを飲みたくなるお話でした。

2022/07/18 14:33

この作品の感想ノート

まるで絵本を読んでいるかのような場面展開に引き込まれました。クリームソーダを無性に飲みたくなるお話です。

2022/07/18 14:32

この作品のひとこと感想

すべての感想数:9

この作品をシェア

pagetop