優しいコーヒーで涙する

作品番号 1634609
最終更新 2021/05/28

優しいコーヒーで涙する
ヒューマンドラマ

7ページ

総文字数/ 14,554

ランクイン履歴:総合47位 (2021/05/26)

嬉しいとき。
幸せなとき。
悲しいとき。
つらいとき。


どんな感情を抱いても、涙が流れることがある。


涙はときに素直に、ときに温かい気持ちにさせてくれる。
そして、いつだってそばにある。


“涙”にそんな意味を感じた彼女は、自分の店名を『tear』とした。


『tear』にいる間は幸せであってほしいと願った彼女は、客の心にも寄り添うようになる。


しかしそれは長く続かず、店は息子が継ぐことになった。


彼は悩む人に寄り添うだけが優しさではないと考え、母のようにはしなかった──




優しさとはなにか。



それは、人と関わることで見つけることができるのかもしれない。



あらすじ
大学進学とともに一人暮らしを始めた小豆は、知り合いが経営する喫茶店を訪れる。そこには大学で助けてもらった先輩の優夜がいた。
そのときにはお礼が言えなかったが、会う機会があることがわかった小豆は、得意なお菓子を作ってお礼をすることに決める。
そしてなにを作るのか迷っている間に、小豆は少しずつ優夜に惹かれていく。
恋を知らない少女が、その苦さを知る切ないラブストーリー。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop