君の手は冷たく、そして暖かかった。

作品番号 1634355
最終更新 2021/08/14

君の手は冷たく、そして暖かかった。
恋愛・青春

63ページ

総文字数/ 110,931


「真夏の空の下で生きてみたい」

 雪女の君と生きた夏は、いつだって笑顔に溢れていた。
あらすじ
 痛熱病。
 焼けるような痛みと熱さを伴う不治の奇病に侵された霜谷佳生は、生への絶望から荒んだ病床生活を送っていた。そんなある初夏の日、雪がちらつく病院の裏庭で、雪女の少女と出会う。

「私ね、一度でいいから、真夏の空の下で生きてみたいんだ」

 そんな彼女の願いを端緒に、凍りついていた佳生の時間が、静かに溶け始める。

 これは、生に絶望した少年と、生に焦がれる少女の、恋の物語。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop