たとえ、僕が永遠に君を忘れても

作品番号 1597734
最終更新 2020/04/17

たとえ、僕が永遠に君を忘れても
[原題]屋上前で、また君と
恋愛・青春

220ページ

総文字数/ 115,484

ランクイン履歴:総合17位 (2020/04/15)

待っていてほしい。絶対に約束を果たすから。

待っていてほしい。絶対に助けるから。

――たとえ、どんなことをしたとしても。

これは、ひとりの少年とひとりの少女の奇跡の物語。
あらすじ
亡くなった母親との約束である「県大会での優勝」を果たすため人付き合いを蔑ろにしてまで練習に励む財前誠。ある日、そんな彼の前に冬木千歳という少女が現れる。
練習をしたい誠と、練習を邪魔してくる千歳。
何故千歳は執拗に誠へ話しかけるのか、何故千歳は練習の邪魔をするのか。
――そこには、壮絶な理由が隠されていた。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

読ませて頂きました。
話の節々にちょっとしたユーモアある文章もあり読者的にはクスリと笑ってしまう場面も。主人公の感情が分かりやすい一人称視点な時点で個人的には読みやすさがありました。
冷たく接してくるも、完全に冷徹にはなりきれない主人公の優しさが好きです。それに惹かれたヒロインが何としても死の運命から逃れるようにしたいと思う気持ちもよく伝わってきます。
後半でヒロインの数々の謎が明かされるところは(あの時のシーンはこういう理由が隠されていたのか)とわかってすっきりしました。

全話が更新されてから一気読みしましたが前述の通り、読みやすくてスムーズに話が飲み込めました。
最後まで目が離せないお話です。

タン塩さん
2020/05/02 18:00

最後まで読み終わりました~!
毎日、続きが楽しみで、19時になったらすぐに読んでた!

読みながら、こうなるかな?助かるかな?とか色々考えながら読めて、楽しめました(*´﹀`*)✨

全てを知っている千歳ちゃんが、実はいじめられていたとは気づけなかったけど、いい子すぎて最後の方は感情移入しすぎてしまったww

次回作も楽しみにしてます٩(ˊᗜˋ*)و

2020/04/17 19:32

この作品のひとこと感想

すべての感想数:29

書籍化作品

この作品をシェア

pagetop