愛しいカタチの抱きしめかた

作品番号 1559437
最終更新 2019/10/14

愛しいカタチの抱きしめかた
恋愛・青春

181ページ

総文字数/93,404

ランクイン履歴:総合9位 (2019/06/08)

 
高校二年、夏の頃


みのりは、あるときから突然、顔を見知っているだけの人物から花束を贈られる。


そこにはきっと、意味なんてものはないのに、あるはずなんてないのに……



親友たちは言う。
きっと、みのりじゃなければいけないんだ。


幼なじみは言う。
そこにはきっと、想いがあるんだ。



自分以外から伝わる、その体温に、確かに違う何かを感じた――。


そうしてわたしは恋を知っていく。


この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop