幸せは憂鬱な時間に

作品番号 1559317
最終更新 2019/05/17

幸せは憂鬱な時間に
恋愛・青春

52ページ

総文字数/29,998

ランクイン履歴:総合60位 (2019/06/24)

人生がどん底の時、誰も信じられない時、孤独だと信じていた時、もしも手を差し伸べてくれる人がいたら……。
拒絶しても、諦めずに何度も手を差し伸べてくれる人がいたら……。
心から大切な人と思える存在に出会い、価値観もすべてが変わっていく高校生の話です。

少しでも心に響くことができたら、それだけで嬉しいです。
あらすじ
高校2年の広瀬康平には親友が2人いた。
同級生でプロのカメラマン志望の浜崎勇也と、川口朱美だ。
高校に上がったばかりの頃、康平は周囲に壁を作っていた。
誰にも愛されず、誰にも心を開かず、孤独だった。
そんな康平の心の壁を、勇也と朱美は壊していった。
ある日、一人暮らしする康平のマンションにずぶ濡れの勇也が訪れた。
康平の気持ちを知る勇也は、朱美へ告白するように迫り……。


この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop