静かに眠る前に

作品番号 1557791
最終更新 2019/05/15

静かに眠る前に
ファンタジー

10ページ

総文字数/ 29,206

夢の中で僕は永遠に君を愛する。

あなたの見つめる夢はどんな夢ですか?
私の夢は、私の幸せは?。

夢の中でも私の幸せは、もろくも崩れ去ってしまった。
私の人生はなんのためにあったんだろうか?
ねぇ、私の話。訊いてくれる?
「……」そっかぁ。もう誰もいなかったんだ。
私の傍には誰もいない。信じていた人にも裏切られ全てを失った。



もうじき消え去るこの命。
何も残してやるもんか! 綺麗に跡形もなく私の命を燃え尽きさせよう。
でも……、ねぇ、誰か訊いてくれる?
私の最後の言葉を。

彼女の夢はこの僕の夢。

残された記憶を僕はこの命と引き換えに、夢として再現しようとしている。
また君に出会えて僕は幸せだった。

登場人物

スレイユ・ミィシェーレ
フランス人。フランス育ちの32歳女性
自分で築き上げた会社。Pays de reve ペイドゥリーヴ社の代表の座を知らぬ間に奪われる。
そして突如に言い渡された、余命残り僅かの人生。
愛する人、愛される人とも別れ、全てを失い自分の残り少ない人生の痕跡を、綺麗に消し去ろうとしている。

カオリ・ラヴィナーレ
日本人の父親とフランス人の母親のハーフ
片脚の無い、小さな教会の修道女。 推定年齢16歳。
彼女は死を目前としたスレイユの前に現れ、ふれあい心を通じさせようとする。それにはどんなわけがあるのだろうか?
主の使いとして、私は
あなたの心残りを救いあげたい。そして一言、私の本当の気持ちをあなたに伝えたかった。

片岡和樹 かたおかかずき
スレイユ・ミィシェーレの恋人?。
スレイユの会社の役員でもある。
きみのへの記憶を僕は大切にしまっていた。だけど僕が静かに眠る前にもう一度再現しよう。
さぁ、スレイユ夢の国でまた逢おう。
あらすじ
僕の記憶は失われたままだった。
そして彼女の記憶も、多分僕の中では失われていたんだろう。
Pays de reve ペイドゥリーヴ 『夢の国』で、僕はまた君と出逢う事が出来るのか?
それは僕の記憶と、僕が君に残した記憶が作り上げた世界。
夢の国で彼女が生きていたと言う証を僕は見たかった。
僕が創り上げた『夢の国』で繰り広げられる「現代ファンタジー」

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop