隣人は甘く囁く~透明な魂と祈りのうた

作品番号 1555660
最終更新 2022/08/03

隣人は甘く囁く~透明な魂と祈りのうた
現代ファンタジー

216ページ

総文字数/ 161,386

ランクイン履歴:

総合:94位(2019/07/07)

現代ファンタジー:2位(2022/07/14)

ファンタジー:20位(2022/07/20)

恋愛ファンタジー:15位(2022/07/15)

《お隣さんは謎の美麗紳士。彼が引っ越して来たその日から、私は彼岸と此岸の境目、見知らぬ世界へと誘われていく……》



奥村花音は、ごくごく普通の女子大生。学校とバイト先と家を行き来するだけの、平凡で代わり映えのない日々を過ごしている苦学生だ。

そんな花音の隣に美しい紳士――結城が引っ越してきた。初対面なのにやたらと距離が近く、あやしい色気を放つ結城。花音は訳が分からず彼の態度に困惑。徐々にペースを乱され、結城に振り回され始める。


――ある日、花音が乗るはずだったバスが多数の犠牲者を出す事故を起こした。偶然から難を逃れたとはいえ、花音の気持ちは複雑に揺れる。

しかしそれは、些細なきっかけに過ぎなかった――。

偶然と必然が交差する毎日。不思議な人々との出会い。それまで平穏だった花音の人生は、静かに、少しづつ崩れ始める。



2022.7.28~(本文修正中)

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:4

この作品をシェア

pagetop