黑猫はかごの小鳥にキスをする。

作品番号 1554613
最終更新 2019/07/22

黑猫はかごの小鳥にキスをする。
恋愛・青春

231ページ

総文字数/ 126,169

決められた将来、

逆らえない相手。


育ての親のようなものを支えるために

わたしは生まれた。


自我などあってないようなものであり

選択肢も同じだ。



そう思い込んでは疑わずにいたわたしに、

彼は言った。


貴様が望むなら、貴様の将来はおれが変えてやる――。


黑猫の君は、

まるでかごの中の鳥のようなわたしに

キスをした。


表紙︰ガーリー素材
https://girlysozai.com

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop