カラダ探し~最終夜~

作品番号 1134923
最終更新 2014/12/27

カラダ探し~最終夜~
その他

576ページ

総文字数/ 285,156

ランクイン履歴:総合56位 (2020/02/23)

-------------------------

2014年12月25日

大人気シリーズついについに完結!?

赤い人の謎が解き明かされる!!

ケータイ小説文庫
ブラックレーベルより書籍化


2014年11月25日~毎週火曜・木曜、更新!

-------------------------

「カラダ探し」は少女の呪い。
「カラダ探し」に翻弄されたふたりの少女の目には、この世界はどう映るのか。
ヒビ割れた世界で、明日香は思う。
皆と一緒に呪いを解くと。
それを知らない遥は思う。
こんな世界、壊れてしまえばいいと。
そしてまた始まる、繰り返される今日。

・「赤い人」は放課後の校舎に現れる。
・「赤い人」はひとりになった生徒の前に現れる。
・「赤い人」を見た者は、校門を出るまで決して振り返ってはならない。
・振り返った者は、身体を8つに分けられ、校舎に隠される。
・「赤い人」に殺された生徒は、翌日皆の前に現れて、「カラダを探して」と言う。
・「カラダ探し」を拒否する事はできない。
・「カラダ探し」の最中にも、「赤い人」は現れる。
・「カラダ探し」は身体を見つけるまで行われる。
・「カラダ探し」では死んでも死ねない。
・「赤い人」は歌を唄う。
・「赤い人」に追いつかれたら、背中にしがみつかれる。そして、歌を唄い終わったら、殺される。

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:鈴 花さん
良かったです。
続きを見る

3年ほど前に全シリーズ読ませていただきました。年月が経ち、ふとこの小説を思い出しました。改めて読むとまた違った感情が湧いてなんとも言えない気持ちになりました。この結末だからこそとても考えさせられるものがありました。

2021/05/28 04:29
★★★★★
投稿者:花木茉莉さん
ネタバレ
ホラーのジャンルを超えた物語!
レビューを見る

2020/05/09 23:00
★★★★★
投稿者:おててちゃんさん
ネタバレ
感動
レビューを見る

2019/05/26 16:32

この作品の感想ノート

はいまたまた!
お邪魔します!
漫画の方も読ませてもらいましたが、想像してたキャラも違いすぎました。
でも、最後の終わり方が違いました。
こちらの小説では、明日香・高広・小川君・理恵・結子しか生き残りませんでした。
ですが、漫画の方では、全員生き残っていて明日香・高広以外カラダ探しの存在事忘れられていました。
忘れている人には3つの共通点があって、カラダ探しがそもそもない。遥の事を忘れている。カラダ探しをやった事を忘れている。という3つの共通点があると書いてありました。
では、学校へ行ってからまた第3やを読ませてもらいますね!

ToKiさん
2021/04/07 08:22

どの章も面白かったです!
私のお気に入りの読み方は、第1夜・第2夜・最終夜・第3夜です。
3夜よりも、最終夜の方を先に読んだ方が謎が解決されるようで好きなんです。
あの、物語読んでる途中で気になったんですが、
『死んだ人』は、目か足があれば『赤い人』の手伝いをするんですよね?だったら、仮に後ろに壁がある状況で真正面で『死んだ人』を見ると、後ろに現れる『赤い人』はどうなるんですか?壁に挟まれるんですか?
後もう一つ、『赤い人』を包丁などで目や足を刺したりすると『赤い人』は死んだりしますか?
最終夜の最後、留美子が「あすか〜」って叫んでいる所で涙が溢れました。
恋もあり、感動もあり、ホラーもある作品が大好きです!
書籍化の本も買いたいですが、お金が…
そんなことは置いておいて!
留美子と龍平が切なすぎます。
『カラダ探し』は、明日香達が関わることない人とも関われて、デメリットしかないかもしれないけど、メリットもあると思います。
もう、これで『呪い』は何も無くなるのでしょうか?
もしかして、また…『赤い人』は、【放課後、1人になった生徒の前に現れる】のかもしれませんね。フフフフフッ

ToKiさん
2021/04/06 12:47

素敵な作品でした。最後にみんなに会えたときに明日香と小川君の気持ちがとても伝わりました。悲しい、寂しいという一面もあるけど会えて嬉しいという一面もありましたね。お墓に行った留美子達の気持ち遥の気持ちが、明日香に届いて無事に呪いをとけた嬉しさと、みんなを大切な友達を失った寂しさ悲しさも伝わってきて、感動が全身を包んでます。作品を作って下さりありがとうございます!

2019/08/05 08:52

この作品のひとこと感想

すべての感想数:2,969

この作品をシェア

pagetop