カラダ探し~最終夜~

作品番号 1134923
最終更新 2014/12/27

カラダ探し~最終夜~
その他

576ページ

総文字数/ 285,156

ランクイン履歴:総合56位 (2020/02/23)

-------------------------

2014年12月25日

大人気シリーズついについに完結!?

赤い人の謎が解き明かされる!!

ケータイ小説文庫
ブラックレーベルより書籍化


2014年11月25日~毎週火曜・木曜、更新!

-------------------------

「カラダ探し」は少女の呪い。
「カラダ探し」に翻弄されたふたりの少女の目には、この世界はどう映るのか。
ヒビ割れた世界で、明日香は思う。
皆と一緒に呪いを解くと。
それを知らない遥は思う。
こんな世界、壊れてしまえばいいと。
そしてまた始まる、繰り返される今日。

・「赤い人」は放課後の校舎に現れる。
・「赤い人」はひとりになった生徒の前に現れる。
・「赤い人」を見た者は、校門を出るまで決して振り返ってはならない。
・振り返った者は、身体を8つに分けられ、校舎に隠される。
・「赤い人」に殺された生徒は、翌日皆の前に現れて、「カラダを探して」と言う。
・「カラダ探し」を拒否する事はできない。
・「カラダ探し」の最中にも、「赤い人」は現れる。
・「カラダ探し」は身体を見つけるまで行われる。
・「カラダ探し」では死んでも死ねない。
・「赤い人」は歌を唄う。
・「赤い人」に追いつかれたら、背中にしがみつかれる。そして、歌を唄い終わったら、殺される。

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:misaさん
泣ける、感動、でも怖い。
続きを見る

シリーズ4作品、日数はかかってしまいましたが、全て読ませていただきました。 ホラー作品というのは今まで読んだことがなく、この作品も“挑戦”だったのですが。ホラーはホラーなんですが、その中に切なくて苦しい話があったり、笑える話があったり。 “ホラー作品”を“ホラー”ということだけで終わらせない作品でした。 ホラーだけど、ホラーじゃない。 自分たちがこうして生きているということ、生きるための世界があること。 それを改めて実感して、そして深く見つめ直すための学びにもなったと思います。 本当に怖かったですが、それと同時に面白かったです。 最高な作品を、ありがとうございました。

2022/07/04 23:00
★★★★★
投稿者:鈴 花さん
良かったです。
続きを見る

3年ほど前に全シリーズ読ませていただきました。年月が経ち、ふとこの小説を思い出しました。改めて読むとまた違った感情が湧いてなんとも言えない気持ちになりました。この結末だからこそとても考えさせられるものがありました。

2021/05/28 04:29
★★★★★
投稿者:花木茉莉さん
ネタバレ
ホラーのジャンルを超えた物語!
レビューを見る

2020/05/09 23:00

この作品の感想ノート

全部のシリーズを読ませてもらいました!とても怖く悲しく感情が忙しい作品でした…。一夜から最終夜までの明日香たちの成長が見られてとても面白かったです(^^)最後は号泣してしまいました。これが映像だったらもう涙腺崩壊しまくっちゃいます笑最高の作品ありがとうございました(^^)

2022/01/04 20:10

全シリーズ読みました。
まさか1シリーズ目から胸キュンまでするとは思いませんでしたが(笑)
各シリーズでそういう胸キュンポイント含めやっぱり怖い・切ないシーンが多々あって、切ないシーンじゃ毎回泣いちゃいましたね😢
最終夜なんてどうなるのかといろんなこと考えながら読み続けて…。最後のシーンはもうボロボロ泣いてしまいました。
ホラーあるあるかはわかりませんが、最悪の展開…だったり、何も終わらないまままた同じことを繰り返すだったりの終わり方になったらあまりにも辛すぎると思ってて。
決して幸せな終わり方ではなかったけど、それでもすごく救われた気持ちになるラストでした😢😢
ちょっとしたきっかけでこの作品に出会ったんですがここまでハマッて読み続けるとは思わなかったです。ウェルザードさん、最高な作品をありがとうございました。

ちぃさん
2021/11/14 20:51

はいまたまた!
お邪魔します!
漫画の方も読ませてもらいましたが、想像してたキャラも違いすぎました。
でも、最後の終わり方が違いました。
こちらの小説では、明日香・高広・小川君・理恵・結子しか生き残りませんでした。
ですが、漫画の方では、全員生き残っていて明日香・高広以外カラダ探しの存在事忘れられていました。
忘れている人には3つの共通点があって、カラダ探しがそもそもない。遥の事を忘れている。カラダ探しをやった事を忘れている。という3つの共通点があると書いてありました。
では、学校へ行ってからまた第3やを読ませてもらいますね!

ToKiさん
2021/04/07 08:22

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3,081

この作品をシェア

pagetop