きみと世界が終わるまで

作品番号 1093382
最終更新 2017/07/31

きみと世界が終わるまで
逢優/著
その他

135ページ

総文字数/ 81,733



願いがひとつ叶うとしたら

僕はきっと

もう二度と会えないきみに

もう一度だけ会いたいと願うだろう



───あの夏、確かにここで起きた奇跡を

僕は一生忘れない

◆◇◆
きみと世界が終わるまで
◇◆◇

この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:Aki*さん
24時間の奇跡。
続きを見る

きみがいない世界はどこまでも深く真っ暗で、いっそ自分も消えてしまいたいと思っていた。きみと過ごした17歳最後の日……起きたのは24時間の奇跡。 優太とゆりあ、少しずつ刻まれてゆくふたりの時間。綴られた文章はとても丁寧で優しくて、ふたりがお互いを想う温かい気持ちが一層強く伝わるようでした。 逢優さんの作品は、“今”をどう生きるかをいつも教えてくれるのですが、この作品も。そして今回は“命の繋がり”についても考えされられました。 自分の命は自分だけのものじゃない。想像するより遥か昔から繋がってきた、奇跡。 限りある時間の中で過ごすふたりは一生懸命で、どうにもならない想いに押しつぶされそうで、涙を浮かべずにはいられない切なすぎるラブストーリーでした。でも、逃げずに前を向くふたりの、儚くもとても美しく強い物語でした。

2016/08/19 20:21

この作品の感想ノート

逢優さん★


こんばんはです\( *´•ω•`*)/

ちょっと前から
本棚にいれていて
こっそり更新おっていました(*ฅ́˘ฅ̀*)

長いようで短い1日のなかで
ゆりあちゃんと優太くんが
どうなっていくのか
気になります(*´˘`*)

更新がんばってください♡
応援しています\(ˊᗜˋ*)/

優日★さん
2016/07/08 19:52

この作品のひとこと感想

すべての感想数:21

この作品をシェア

pagetop