ほんのかすり傷と思っていました~『忘却の傷跡』

作品番号 1712471
最終更新 2023/12/06

ほんのかすり傷と思っていました~『忘却の傷跡』
異世界ファンタジー

19ページ

総文字数/ 38,697

『忘却の傷跡』は、日常の中で突如始まる不可解な出来事を描いたホラー小説です。主人公たちは、身に覚えのない軽傷や切り傷に戸惑いながらも、それを気に留めずに日常を送っていました。しかし、それらの傷は次第に悪化し、事態は深刻なものになっていきます。

物語は、学生たちが集まる学食での会話から始まります。普通なら気づかないような擦過傷や腫れが、徐々に彼らの注意を引き始めます。当初は些細なこととして扱われますが、謎は次第に深まり、不安と恐怖が高まっていきます。

この小説は、日常と非日常の境界線があいまいになる状況を巧みに描き出しています。登場人物たちは、目に見えない脅威に翻弄され、次第に精神的な圧迫感に苛まれていきます。謎の傷がどこから来るのか、その原因や意図を探る過程が、読者に強烈な緊張感とミステリアスな魅力を提供します。

『忘却の傷跡』は、身近な場所で起こる異常現象と、それに対する人間の無力さを描いた作品であり、読者を深い恐怖へと誘います。その恐怖は、見えない敵に対するものであり、日常生活の中でふとした瞬間に感じる不安を増幅させるものです。
あらすじ
身に覚えのない切り傷や出血。えっと驚くが私たちは応急処置でやり過ごす。どうせどこかにぶつけたのだろう。治らないなら医者に行こう。そんな様子見をしているとどんどん事態が悪化して…

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop