ポケットにあの日をしまって

作品番号 1680338
最終更新 2022/10/19

ポケットにあの日をしまって
青春・恋愛

46ページ

総文字数/ 16,145

蒼司side 】

降りしきる雨を見上げて、彼女は笑っていた。

両手を高く、空に向けて、雨に打たれながら。

部活の帰り、寄り道した高台。

俺は傘を差し出すのも忘れ、彼女をみつめていた。

何が嬉しくて、ずぶ濡れで笑っているのか。

彼女をみつめながら、考えていた。

あと数日で4月になるというのに、体の芯まで冷え込む雨の日だった。

声も立てずに笑って、空を見上げた彼女の姿は透き通るほど綺麗だった。



茉莉side】

降りしきる雨に打たれ、何もかも忘れてしまいたかった。

傘も差さずに、思い切り雨に打たれた。

ずぶ濡れになれば、辛さも悲しさも洗い流し、無かったことにしてくれないかと思った。





こはならむ・堂村璃羽×スターツ出版 楽曲コラボコンテスト

応募するつもりだったのに……。
あらすじ
読み終えた本の貸出しカードを確認した。

「小鳥遊」

俺の名前の上にある名前だった。


降りしきる雨にずぶ濡れになっていた彼女をみかけたーーあの日から、俺たちは始まっていたのかもしれない。


彼女と過ごす日々が大事で到底、今は想像できない。


あの日をポケットにしまって、俺たちは……

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop