魂を反す香

作品番号 1680048
最終更新 2022/10/04

魂を反す香
現代ファンタジー

10ページ

総文字数/ 9,022

ランクイン履歴:

現代ファンタジー:17位(2022/10/12)

魂を反(かえ)す香


道具屋を営む彼が「面白いもんを手に入れました」と言って、包みをふたつ取り出した。

包みを開くと、それは香炉とお香だった。香炉は美しい装飾が施されているものの、どこからどう見ても普通の香炉とお香。これのどこが「面白い」ものなのだろう。もしかしたら珍妙な香りがするのかもしれない。

「これは反魂香というもんです。なんでも、焚くとその煙の中に死んだ者の姿が現れるとか。これを焚いたどこぞの国の皇帝が、煙の中に亡くならはった奥さんの姿を見たそうです」

死んだ誰かにまた会うことができるなんて夢がある。死が今生の別れではあっても、永遠の別れではないと、思うことができる。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop