冬華は春陽に照らされて

作品番号 1661706
最終更新 2022/02/28

冬華は春陽に照らされて
蛙月/著
恋愛・青春

4ページ

総文字数/ 12,313

ランクイン履歴:総合5位 (2022/03/14)

明治の世。
女主人と娘が住む家に使用人として働いていた美世は、粗末な服を身に付け痩せぎすの身体で掃除担当としてこき使われていた。
女主人からは「忌まわしい顔」と罵られ、髪を伸ばしきってひっそりと生きていた美世だったが、ある日、才気あふれる若き実業家が客人としてやってきて……。

虐げられた少女が運命の出会いを果たして幸せになるシンデレラストーリー。

目次

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:24

この作品をシェア

pagetop