ヴァッサーゴの隻眼『雨の日の来訪者』

作品番号 1648159
最終更新 2021/09/14

ヴァッサーゴの隻眼『雨の日の来訪者』
ヒューマンドラマ

38ページ

総文字数/ 40,688

その瞳は、真実と秘密を知っている。
あらすじ
町のはずれ、小高い丘の上にひっそりと佇む

私立図書館『鈴原文庫』

そこは「幽霊が出る」と噂される場所。

祖父からいわくつき図書館を継いだ鈴原陽菜は、司書を務める成瀬祥一朗と、毎日来館者を待っている。

そんなある雨の日、ずぶ濡れの女性が訪れ陽菜に声をかけてきた。

「ヴァッサーゴの隻眼を探しているんです」と――。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop